外柵

隣接する墓所との境界をはっきりさせるために設ける、墓地の周りを囲む外枠です。地崩れや陥没を防ぐ、構造的に最も重要な部分です。

外柵の名称

外柵標準型

標準型

標準型は古くからある外柵の形式です。 基礎は前方だけみかげ石を使用し、残りの三方(左右裏)は基礎コンクリートの状態です。土盛高さは霊園・寺院の規定によって若干異なりますが、土地面積が3㎡~10㎡は1尺が多く、12㎡~15㎡では、1.2尺~1.5尺が多くなります。

通し階段型

通し階段型

外柵の中でも通し階段型は間口を広く使用でき墓所が面積以上に大きく感じられ、お墓参りがし易いので近年この型式が増えてきています。
※基礎・土盛高さは、標準型と同様の仕様です。

外柵の種類

標準型

標準型

通し階段型1

通し階段型 ‐1‐

通し階段型2

通し階段型 ‐2‐

前面参道型

前面参道型 ‐1‐

前面参道型

前面参道型 ‐2‐