家紋

家紋の起源

公家の紋章は、平安時代、西園寺実季(1032~1091年)が「巴紋」を、徳大寺公継(1096~1157年)が「木瓜紋」を、牛車にあしらったのが始まりとされます。 武士の紋章は、源平合戦時、旗指物や陣幕に付した文様から起こり、敵味方を識別するという必要性もあって、公家の紋章より発達したとされます。

家紋の配置箇所

家紋を入れる箇所・個数は、墓所・規模などに応じバランスを見ながらご判断下さい。

和型墓石 家紋配置例
洋型墓石 家紋配置例

和郎老呂連蓮霊例力良流里理絡葉野木毛模明名枚本幌牧北望豊芳方墓辺柄平兵文福阜府富浜品彦尾比番飯板鳩八白柏梅能入日南内那奈道藤湯東島都電田天塚津長町朝中筑池知谷沢択鷹大台代袋太村足像糟相倉全前選船川千摂積石青西生清成勢瀬世須神新城紹松庄小所宿重習州宗車篠室鹿治滋時児紫糸志市子士四山三札索埼崎阪坂宰座根号高行甲港江口厚語午五戸庫古原見県検郡栗区句九金玉狭橋京牛宮久吉亀希岐企間茅鎌滑笠垣街海介賀画霞珂河歌可下屋岡王横遠猿園越浦宇印茨稲一磯井伊以安綾愛をロルるりまほビにドでてだたタスしさけヶくきウいあzusomlkiedca○@.-9876543210