五輪塔

墓石の竿石を短くして、その上に自然界の5大要素(空、風、火、水、地)をかたどったものを置きます。

起源は普通の墓石が江戸時代であるのに対し、平安時代と古く、弘法大師(空海:真言宗の開祖)の発案といわれています。 一基で独立して建てるよりも、石碑と並べて建てるケースが多く、その場合高さは、石碑より5寸程高くします。これは、五輪塔が石碑よりも格が上であるからです。
※一般に浄土真宗では建立しません。

五輪塔の形と意味

五輪塔

五輪塔

現在は祖先を供養する象徴として建てられます。上から空・風・火・水・地の順で構成されています。

宝篋印塔

宝篋印塔(ホウキョウイントウ)

平安時代以降に建立。相輪(九輪)・笠・塔身から構成され、供養塔として個人墓の周辺に建てるのが一般的です。

どのような時に建てるか

  1. 先祖の供養として建てる
  2. 絶家の供養として建てる
  3. お墓の方位が悪い時に建てる
  4. 会社墓や殉職者の慰霊のために建てる

塔のかたち

五輪塔

五輪塔

五輪塔(蓮華加工)

五輪塔(蓮華加工)

高級五輪塔(反り花加工)

高級五輪塔(反り花加工)

足長五輪塔

足長五輪塔

和郎老呂連蓮霊例力良流里理絡葉野木毛模明名枚本幌牧北望豊芳方墓辺柄平兵文福阜府富浜品彦尾比番飯板鳩八白柏梅能入日南内那奈道藤湯東島都電田天塚津長町朝中筑池知谷沢択鷹大台代袋太村足像糟相倉全前選船川千摂積石青西生清成勢瀬世須神新城紹松庄小所宿重習州宗車篠室鹿治滋時児紫糸志市子士四山三札索埼崎阪坂宰座根号高行甲港江口厚語午五戸庫古原見県検郡栗区句九金玉狭橋京牛宮久吉亀希岐企間茅鎌滑笠垣街海介賀画霞珂河歌可下屋岡王横遠猿園越浦宇印茨稲一磯井伊以安綾愛をロルるりまほビにドでてだたタスしさけヶくきウいあzusomlkiedca○@.-9876543210