スマホ用サイトで見る

和型墓石のかたち

和型名称

江戸時代に一般化した、仏舎利塔を原型とする墓石です。
上の竿石から、 天(家庭円満) 人(人望・出世) 地(財産維持)を表します。
ここでは、比較的日本各地で見られるものを、須藤石材の呼び名でご紹介致します。

墓石のかたちは宗教や地域により大きく異なります。

標準型
基本的なお墓のかたちです。和型石碑は竿石・上台・中台・芝台及び付属品からなり、竿石の横幅により、八寸角(24cm)・九寸角(27cm)・尺角(30cm)と呼びます。また、それを基準に石碑全体のおおよその高さ・石の重量等を判断することが出来ます。
役物付
役物とは、石材に施される「加工」を指します。 標準型墓石に香箱・亀腹・水垂の三点加工を施した、和型役物墓石のご紹介です。
高級型
三点加工を施した墓石に、独立した水鉢・花立・水板を置いた、和型高級墓石のご紹介です。
菩提型
和型高級型に、宮型香炉をつけた和型菩提型墓石です。
神道型
竿石にトキン加工を施した、神道専用の和型墓石神道型のご紹介です。

和型墓石 標準型

特徴・・・・和型石碑は竿石・上台・中台・芝台及び付属品からなり、竿石の横幅により、八寸角(24cm)・九寸角(27cm)・尺角(30cm)と呼びます。また、それを基準に石碑全体のおおよその高さ・石の重量等を判断することが出来ます。(ただし、竿石だけが大きな石碑や、地域によっても若干の違いがあります。)

和型墓石 標準型

標準型画像 加工 付属品
和型墓石 標準型 - オリンピック型香炉
加工 オリンピック型香炉
- 水鉢
加工 水鉢

須藤石材では、加工・付属品ともお好みにより、オプション品・他のタイプと交換が可能ですので、お気軽にご相談下さい。

ページのTOPへ

和型墓石 役物付

特徴・・・・役物とは、石材に施される「加工」を指します。「役物付」とは標準型墓石に「3点加工」と呼ばれる以下の加工を施したものです。 竿石頭部に香箱(香炉などのフタの曲線を模した形)加工。このとき竿石の高さを巾の1割程度長くします。(尺角ならば1寸) 上台の天端には亀腹加工をつけ上台も厚さを少し厚くします。中台の天端には水垂加工をつけます。この加工を施す事により各石材の持つ 、独自の風格や個性が一層引き出され、より味わい深いものになります。付属品には、オリンピック香炉・水鉢がセットされています。

和型墓石 役物付

役物付画像 加工 付属品
和型墓石 役物付 香箱加工 オリンピック型香炉
香箱加工 オリンピック型香炉
亀腹加工 水鉢
亀腹加工 水鉢
水垂加工

須藤石材では、加工・付属品ともお好みにより、オプション品・他のタイプと交換が可能ですので、お気軽にご相談下さい。

水垂加工
ページのTOPへ

和型墓石 高級型

特徴・・・・香箱・亀腹・水垂加工をつけた本体と、独立型(高級型)の水鉢・花立を置きます。また、香炉は供物台付香炉を置きます。

和型墓石 高級型

高級型画像 加工 付属品
和型墓石 高級型 香箱加工 供物台付香炉
香箱加工 供物台付香炉
亀腹加工 独立水鉢(高級型)
亀腹加工 独立水鉢(高級型)
水垂加工

須藤石材では、加工・付属品ともお好みにより、オプション品・他のタイプと交換が可能ですので、お気軽にご相談下さい。

水垂加工
ページのTOPへ

和型墓石 菩提型

香箱・亀腹・水垂加工をつけた本体と、独立型の水鉢・花立・水板(水鉢・花立の下に敷くもの)を置きます。また、香炉は宮型香炉を置きます。

和型墓石 菩提型

菩提型画像 加工 付属品
菩提型画像 香箱加工 宮型香炉
香箱加工 宮型香炉
亀腹加工 独立水鉢
亀腹加工 独立水鉢
水垂加工

須藤石材では、加工・付属品ともお好みにより、オプション品・他のタイプと交換が可能ですので、お気軽にご相談下さい。

水垂加工
加工オプション 上下蓮華加工
加工オプション 上下蓮華加工
蓮華台加工
蓮華台加工
ページのTOPへ

和型墓石 神道型

神道型の石碑は、竿石の頭部を角垂状にしたものを使用しているところが多く、これを兜巾(トキン)といい、修験者(しゅげんじゃ)がかぶった黒色の小さな布のずきんの形になっています。竿石は角垂の分だけ(竿石の巾の1割程度)高くします。また、水鉢をつけ(花ではなく榊を使用する事が多い)前に八足を置きます。

和型墓石 神道型

神道型画像 加工 付属品
和型墓石 神道型 トキン加工 八足
トキン加工 八足
亀腹加工 水鉢
亀腹加工 水鉢
水垂加工

須藤石材では、加工・付属品ともお好みにより、オプション品・他のタイプと交換が可能ですので、お気軽にご相談下さい。

水垂加工
前のページに戻る TOPに戻る
霊園・お墓の須藤石材